夕日が映えるおしゃれな町、サンタモニカ

夕日が映えるおしゃれな町、サンタモニカ

ロサンゼルスの北西に位置するサンタモニカは、世界中の観光客から人気を集めるビーチ。ショッピングモールやおしゃれな雑貨店、海沿いのホテル、すてきなレストランと、バケーションを過ごすのにもってこいのエリアだ。何よりも素晴らしいのが、夕日に赤く染まったビーチ。これを見ずにはこの町の魅力は語れない。そんなサンタモニカと周辺の見どころを紹介する。

 

潮風が気持ちいいサンタモニカビーチ


やはり外せないのがビーチ。弧を描くようにずっと向こうまで続く海岸線沿いにはカラフルな家やヤシの木が並び、ビーチシティらしい町並みが広がる。海辺で日光浴をしたり、散歩をしたり、ベンチで海や町並みを眺めたりと、おのおの好きなようにリラックスして過ごそう。ビーチでは海に入って楽しむ観光客がたくさんいるが、日本人にとってはここの海水は夏でもやや冷たい。海に入る場合は体を冷やさないようには羽織りものも用意していこう。

 

観光客で賑わうサンタモニカ・ピア


サンタモニカの海に突き出た桟橋は、必ず訪れていただきたい所。桟橋は観光客や釣りをする人、パフォーマンスを披露する人などで常に賑わっている。おみやげを買うもよし、ベンチに座って眺めを楽しむもよし。実はここは、ロサンゼルスからシカゴまでを横断するハイウェイ、ルート66の西端としても知られる場所。ピアには66と書かれた国道の標識が立っており、撮影スポットにもなっている。

西海岸のシーフードといえば、ロブスター。桟橋の上に建つシーフードレストランのほか、ピアの入口に建つ高級感溢れるレストラン「ザ・ロブスター(The Robster)」など、いろいろな所でロブスター料理を堪能できるので、ここへ来た際にはぜひ土地の味を堪能していただきたい。

ここのピアのおもしろいところは、桟橋の上に遊園地があることだ。「パシフィック・パーク」という古い遊園地は敷地は狭いが、観覧車やローラーコースター、メリーゴーランドなどのアトラクションがギュッと集まっている。古いゲーム機などを楽しめるコーナーもあり、意外にも家族やカップルに人気のスポットだ。海の上の遊園地というのも、格別の眺めとともにひと味違った魅力がある。

 

買い物は3rd Street Promenadeで


ピアから北東へ少し内陸に歩いた所に、おしゃれなショッピングストリートがある。3rd Streetという看板が目印だ。レンガ敷きの道路の中央には恐竜のオブジェが立ち、両側にはかわいらしいお店が軒を連ねる。ハイブランドな店のほか、人気のファッションブランドや雑貨の店舗が並び、路面にはハンドメイドの店も並ぶ。観光客だけでなく地元民にも人気のエリアだ。ショッピングをした後は、カフェのテラス席で一休みをするのもおすすめ。

さらにここで楽しんでもらいたいのが、ストリートパフォーマンス。弾き語りする人やパントマイムを披露する人、ダンサー、スポーツ系パフォーマーなど、ストリートでは常に何らかのパフォーマンスが行われており、あちこちに人だかりが見える。日本とは違い、こんなものが?というようなパフォーマンスでもおもしろがって見物する人が多いので、観客に混ざって楽しんでみては。

 

ヒッピー文化が息づくベニスビーチ


サンタモニカを訪れたなら、少し南に位置するベニスビーチにも立ち寄ろう。昔懐かしいヒッピーやサーファーで溢れ、南カリフォルニアのなかでも異彩を放つビーチ。町なかにはアートが描かれた建物やタトゥーショップなど、ちょっと怪しい雰囲気のストリートもあるが、海辺では毎週なんらかのイベントが開催され多くの若者で賑わう。古い町並みを保ちながらも新たなスポットが次々と誕生し、目が離せない。