ハリウッド観光に外せない名スポット

ハリウッド観光に外せない名スポット

ロサンゼルスに行くなら一度は訪れてみたいのが、エンターテイメントの聖地・ハリウッド。アカデミー賞の舞台となるシアターやショッピングセンターといった都会的な見どころから、プラネタリウムやハイキングを楽しめる自然豊かなスポットまで、多種多様な見どころが集まっている。

町なかにはスパイダー・マンやジャック・スパロウなどのコスチュームを着てキャラクターになりきった人たちが多く歩いており、一緒に写真を撮って楽しむ観光客で大賑わい。また、道端には雑貨やアクセサリーなどを売る屋台も多数並び、土日は人の多さに前に進むのも一苦労だ。観光スポットは歩いてめぐれる距離に凝縮されているので、人の波に乗って町を散策してみよう。

 

Hollywood & Highland(ハリウッド&ハイランド)


観光をはじめるなら、まずはここから。ハリウッドのランドマークとなっているこの場所は、ショッピングや食事、レッドカーペットイベントなどを楽しめる複合施設だ。世界各国のブランドショップが並び、おみやげ選びにもぴったり。また、ドルビー・シアターやチャイニーズ・シアターなどもこのエリアにある。眺めのいいバルコニーからは「HOLLYWOOD」サインも一望できるので、忘れずに立ち寄ってほしい。

 

DOLBY THEATRE(ドルビー・シアター)


この劇場は、誰もが一度はテレビで目にしたことがあるだろう。それもそのはず、毎年開催されるアカデミー賞授賞式の会場となっているのが、このシアターだ。以前は「コダック・シアター」として親しまれていたが、2012年にコダックが破産法の適用を申請し、代わってドルビー・ラボラトリーズが命名権を獲得した。内部は座席数3400席を誇り、世界で最高性能のスピーカーを備えている。

ここではアカデミー賞のほか、映画のプレミア上映やコンサートなど、さまざまなパフォーマンスが開催される。普段は内部を見ることはできないが、常時30分ほどの見学ツアーが実施されており、シアター内部や舞台裏などを見ることができる。ドルビー・シアターのBOX OFFICEにて大人23ドルでチケットを購入できるので、参加してみては。

 

TCL Chinese Theatre(TCLチャイニーズ・シアター)


中国の寺院建築風でひときわ目立つ建物が、プレミア上映や数々の式典などに使用されるチャイニーズ・シアター。劇場の前には、ハリウッドスターのサインと手形、足形がびっしりと並んでいる。トム・ハンクス、ウィル・スミス、ブラッド・ピットなどの俳優から『スター・ウォーズ』のC-3POやR2−D2までさまざまな手形、足形があるので、お気に入りのスターのものを探すのに時間を費やすのも楽しみ方のひとつ。

 

Hollywood Walk Of Fame(ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム)


ハリウッド&ハイランドの前に位置するHollywood Boulevardという通りの歩道を約5キロにわたり、さまざま分野で活躍を称えられた有名人たちの名前が掘られた星形のタイルが並ぶ。タイルには顕彰された人物の名前と、どの分野で活躍したかが分かるシンボルが刻まれている。分野は映画業界、テレビ業界、音楽業界、ラジオ業界、舞台・演劇業界の5種類。

多くの観光客がお気に入りのスターの名前を探し、写真撮影をする光景が広がる。かなり広範囲にわたるため、お目当ての名前を探すのは一苦労だ。今も新たに顕彰される人々の名が刻まれ続けているので、運が良ければセレモニーに立ち会えるかもしれない。

プレートの作成作業をしている人に遭遇

 

Madame Tussauds Hollywood(マダム・タッソー・ハリウッド)


2009年にオープンした蝋人形のミュージアム。映画スターやスポーツ選手、歌手、映画のキャラクターなどさまざまなジャンルの作品があり、作品と一緒に写真を撮れば、有名スターとツーショットを撮れたような気分に。

ちなみに、マダム・タッソーの蝋人形館から徒歩5分くらいのところにある「Hollywood Wax Museum(ハリウッド蝋人形館)」では映画の有名なシーンが蝋人形で再現されているので、あわせて立ち寄ってみよう。

 

HOLLYWOODサイン


ハリウッドに来たなら、このサインは必ず見ておきたい。サインが見えるスポットはいくつかあるが、町なかから見るならハリウッド&ハイランドがおすすめ。ここから東へ車で10分(徒歩30分)ほど行った所にあるBeachwood Driveという通りから少し北へ歩いていくと、ヤシの木の間からサインが見えるスポットもある。また、サインと同じような高さから見られるのが、中心街から少し離れたグリフィス・パークにある「グリフィス天文台」。

さらに間近で見たい場合、トレッキングしてサインのある場所まで登ることができる。ルートはいくつかあるが、サンセット・ランチ・ハリウッドという乗馬体験ができる施設の辺りを通っていくのが分かりやすい。車で行くことはできず、1時間ほど歩くとサインの裏側にたどり着く。正面から見ることはできないが、看板の裏側から町並みも一望できるので、体力に自信のある方は行ってみるのもいいだろう。

 

Griffith Observatory(グリフィス天文台)


町の中心部から東へ車で30分ほど行ったGriffith Parkという広い公園の高台にあるのが、歴史ある天文台。エントランスを入ってすぐのホールには大きな振り子がある。ギリシャ神話の神々が描かれた天井から約12メートルのブロンズの玉が吊るされており、左右に大きく振れる動きは見ていて飽きない。

館内では月の満ち欠け、地球の自転、太陽の仕組み、太陽系などについて写真付きで展示されており、大人もこどもも楽しく学べる。最大の魅力は290席を誇る巨大なプラネタリウム。3種類の異なるプログラムの天体ショーが毎日4〜6回上映されている。観賞にはチケットが必要となるので、到着したらまずカウンターで購入しておこう。

そのほか、館内にはギフトショップやレストランを併設。天文台のテラスからはロサンゼルスの町を一望できるので、記念撮影もお忘れなく。アクセスには車もしくはバスの利用が必要となる。バスはメトロのレッドライン、Vermont / Sunset駅から30分で運行されており、50セントで乗車できる。

館内にはアインシュタインの銅像も

訪れる時間帯は、夜がおすすめ。天文台は夜10時頃まで開館しており、観光客で混み合う昼間とは違った落ち着いた雰囲気を満喫できる。また、外に出ればロサンゼルスのきらめく夜景を眺められるので、カップルで訪問すればロマンチックな時間を過ごせること間違いなしだ。

グリフィス天文台が位置するグリフィス・パークは、トレッキングスポットとしても有名。初心者から上級者までさまざまなトレッキングコースが整備されており、マウンテンバイクやサイクリング用の小道もある。ガイド付きツアーや乗馬体験ができる施設もあるので、自然を楽しみたい人にはもってこいの場所だ。

パークの敷地は広大で、動物園やボタニカルガーデン、野外劇場なども点在しているので、余裕があるなら1日かけて周辺を散策してみてはいかが?