カリフォルニアの一大紅葉スポット イースタン・シエラ

カリフォルニアの一大紅葉スポット イースタン・シエラ

カリフォルニアの北東部、ヨセミテ国立公園の東側にイースタン・シエラ(Eastern Sierra)と呼ばれるエリアがある。ネバダとの州境に当たるここ一帯は、秋になるとカリフォルニア随一の紅葉が見られるのをご存知だろうか。

ビッグ・パインという町からUS-395沿いにトーパスという町の辺りまでは、シーニックバイウェイにも指定されている。イースタン・シエラには秋になると多くの観光客が紅葉を見に訪れるため、ビューポイントをおさえたマップも配布されているほどの一大紅葉スポットだ。ビューポイントは全部で22カ所。ここではその中から数カ所を紹介する。

 

サウスレイク(South Lake)


ビショップ(Bishop)でCA-168を西へと曲がると、サウスレイク・ロードにさしかかる。この道沿いも左右には黄色に染まった木々が並んでおり、景色を眺めながら湖へのドライブを楽しむことができる。所どころで見かける駐車スペースは周辺にビューポイントがあることを示しているので、見つけたら車を停めて外へ出てみよう。

道路沿いには右に左に、色鮮やかな林が広がる

しばらく進むとサウスレイクの看板が見えてくる。案内に従って道の先まで進むと、静かな木々の間に見えてくるのがサウスレイク。湖の透明度はかなり高く、底まではっきりと見ることができる。天気がよく風のない日には対岸の山が湖面に映り、眼前にはより美しい光景が広がる。

湖面に映る山が美しいサウスレイク

この辺りはハイキングスポットとしても人気が高い。ただし、周辺にはクマなどの野生動物が生息しており、コースは本格的な山道となるため、しっかりとした準備が必要だ。湖の周囲を散策する程度なら誰でも気軽に歩ける。

少し道を戻り、途中で左折するとすぐ近くにはノースレイクも。今回訪れた時には見頃のピークが過ぎていたが、ここも豪華な紅葉が見られるビューポイントのひとつだ。手前の地面を覆う草原と対岸の木々が黄金色に染まる様子はなかなかの見もの。釣りを楽しむ人もいる、静かで雰囲気のある湖だ。

見頃の時期には山の斜面が黄金色に染まる

サウスレイクやノースレイクに行く途中にアスペンデル(Aspendell)という小さな町がある。この町も秋には黄色い木々に覆われ、みごとな町並みを見ることができる。US-395沿いの美しい並木道は、ドライブに最適だ。

イースタン・シエラの紅葉は黄色に染まる木々がほとんど

 

ジューン・レイク・ループ(June Lake Loop)


ビショップから北へ車で50分ほど進んだところにあるハイウェイ158はループ状になっており、4つの湖と小さな町がある。ここも紅葉スポットのひとつとなっており、ループ沿いには数多くのビューポイントが点在している。もっとも美しいのがジューンレイク(June Lake)。ここはボートに乗ったり釣りができたりと、アクティビティも豊富。

青い湖と色づいた木々のコントラストが美しい

また、このエリアにはロッジやレストラン、みやげ物店などが軒を連ね、森の中の小さな町が形成されている。イースタン・シエラをゆったり楽しみたい人は、ここで数日間のバケーションを過ごすのもいいだろう。

小さな町は観光客で賑わっていた

ジューン・レイク・ループで一番大きい湖がグラントレイク(Grant Lake)。この湖畔にも美しい木々が並び、湖面に反射した景色はひと際美しい。

湖畔で釣りを楽しむ人々も

 

コンウェイ・サミット(Conway Summit)


ジューン・レイク・ループから北へ30分ほど行くと、くねくねとした道が続くエリアに差し掛かる。このコンウェイ・サミットと呼ばれるエリアは、US-395沿いの丘が紅葉のビューポイントとなっている。所どころにパーキングスペースがあるので、車を停めて景色を見ながらドライブしよう。

燃えるような木々の平原が左右に広がるコンウェイ・サミット

 

ここで紹介したイースタン・シエラの紅葉スポットはほんの一部。紅葉マップはイースタン・シエラのホームページからも入手でき、ビューポイントの詳細や各エリアでのおすすめのアクティビティなども掲載されているので、事前にスケジュールを立てて行こう。