アメリカの美しい塩湖、ボンネビル・ソルト・フラッツの魅力

アメリカの美しい塩湖、ボンネビル・ソルト・フラッツの魅力

塩湖といえば、日本人に大人気なのが南米のボリビアにあるウユニ塩湖。一面が湖と化す雨期には青い空が湖一面に映り、空と大地の境界線が分からないくらい美しい光景が広がることで知られている。

このような塩湖が、実はアメリカ国内にも存在する。それがユタ州の北部に位置する塩の平原、Bonneville Salt Flats(ボンネビル・ソルト・フラッツ)だ。自然が生み出したものとしてはユタ州でもっともユニークな地形のひとつとされている。日本人をはじめ海外の人々にはまだあまり知られていない、この塩の平原の魅力を紹介する。

ソルトレイクシティからI-80で西へ車を走らせていると、視界の左右には塩田のようなものが徐々に広がりはじめる。距離にして190キロほど、約1時間半走ると道路の右側に見えてくる真っ白な平原が、ボンネビル・ソルト・フラッツだ。

広さはおよそ120平方キロ。乾燥した気候のため、1年のうち大半は水が蒸発した砂漠のような状態になる。見渡す限り一面に広がる塩の平原は、真っ白な雪の絨毯のよう。しかもただ白いだけではない。乾燥で徐々に水が蒸発することでできあがった塩の結晶が形作る波紋のような模様が延々と先まで広がる様子は、まるで異世界へ迷い込んだかと錯覚するほど不思議な光景だ。

ソルトフラッツを車で走ると気分も爽快

私がこの地を訪れたのは9月初旬。カラッと晴れた日で、空を見上げれば、パラグライダーで上空からの景色を楽しむ観光客もいた。ソルトフラッツは車で敷地内に入り、そのまま走り回ることができる。I-80から平原へと入り、しばらく奥へと走ってみると、車の騒音や人の声、生き物の気配がなくなる。周りの景色は白一色となり、この世界に自分一人きりのような奇妙な感覚に陥る。

パラグライダーやドローンで上空から撮影する人など、楽しみ方はさまざま

平原のど真ん中で車を停め、塩の絨毯へと一歩、足を踏み出す。踏みしめた足の裏からは、塩の粒が摩擦でキシ、キシと擦れる音が鳴った。地面に顔を近づけると、確かに塩の結晶がよく見える。少しつまみ、舐めてみるとしょっぱかった。乾燥して凶暴なイガイガと化したように見える塩の結晶は、手のひらを当てて体重をかけてみると、意外にも脆く崩れる。まだ、水分を少し含んでいるようだった。

塩の粒は、意外にも砂のように細かかった

ここははるか昔、ボンネビル湖と呼ばれる広大な湖だった。時が経つにつれて水が蒸発し、あとには膨大な塩の結晶が残ったのだという。現在、ソルトレイクシティの西側に隣接するグレート・ソルト湖は、蒸発せずに残ったボンネビル湖の一部だ。ソルトフラッツは土壌の塩分濃度が高いため、一部のエリアでは動植物が生息できない。ただし、平原の奥に小さな丘が見えるように、動植物が育つエリアも存在する。とても不思議な場所だ。

乾燥した塩の平原も、雨が降ると一面が水に覆われ、塩湖となる。風のない日には空が水面にくっきりと映し出され、上下左右の感覚が分からなくなるほどだ。日の出や日の入りの時間帯に訪れれば一面がピンク色に染まり、一層幻想的な風景となる。

塩湖に映る空と山々

毎年8月にはスピードを競うカーレース「ボンネビル・スピードウェイ」がこの地で開催され、多くのレーサーや観客で賑わう。また、特異な地形から『インディペンデンス・デイ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、さまざまな映画の撮影にも使われているそうだ。

あまり観光地化されていないため、のんびりと絶景を独り占めできるボンネビル・ソルト・フラッツ。日常から離れて、異質な経験をしに出かけてみては。

夕方になると、塩の平原もピンクに染まる
Bonneville Salt Flats
ソルトレイクシティからI-80で西へ進み、出口4を降りてすぐ。